コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクサンドルーポリス Alexandroúpolis

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンドルーポリス【Alexandroúpolis】

ギリシア北東部,トルコとの国境に近い町。人口3万4535(1981)。テッサロニキ~イスタンブール間の鉄道の駅,空港,小さな人工の港がある。現在の名称は1911年以来のもので,トルコ領時代にはデデアガチDedeagatchと呼ばれた。近くにローマ帝国の宿駅トラヤノポリスの跡がある。また〈勝利の女神(ニケ)〉像の出土で有名なサモトラケ島はこの町の沖合30kmで,便船の連絡がある。【池沢 夏樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android