アレクサンドルーポリス(英語表記)Alexandroúpolis

世界大百科事典 第2版の解説

アレクサンドルーポリス【Alexandroúpolis】

ギリシア北東部,トルコとの国境に近い町。人口3万4535(1981)。テッサロニキ~イスタンブール間の鉄道の駅,空港,小さな人工の港がある。現在の名称は1911年以来のもので,トルコ領時代にはデデアガチDedeagatchと呼ばれた。近くにローマ帝国の宿駅トラヤノポリスの跡がある。また〈勝利の女神(ニケ)〉像の出土で有名なサモトラケ島はこの町の沖合30kmで,便船の連絡がある。【池沢 夏樹】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android