コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アロワナ科 アロワナかOsteoglossidae; osteoglossids; bony tongues

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アロワナ科
アロワナか
Osteoglossidae; osteoglossids; bony tongues

魚類の分類,アロワナ目の一科。体はやや延長し側扁する。アフリカ,南アメリカ,東南アジア,オーストラリアなどの熱帯域に分布し,日本には産しない。腹鰭の位置は著しく後方。下顎にひげのある種とない種とがある。原始的な特徴を多くもつ。体長 10cm~4.5mで,アロワナのほか,最大の淡水魚ピラルクーを含む。ほかにスマトラ島ボルネオ島を含む東南アジア産の Scleropages formosus,オーストラリア北部とニューギニア産の S.jardini,オーストラリア・クィーンズランド産の S.leichardti などがある。観賞魚が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アロワナ科の関連キーワードナギナタナマズ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android