コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンガラ植物群 アンガラしょくぶつぐん Angara flora

1件 の用語解説(アンガラ植物群の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンガラ植物群
アンガラしょくぶつぐん
Angara flora

ロシアのクズネツク盆地からシベリアを経て,沿海州にいたる広大な地域に分布する石炭紀からペルム紀後期の化石植物群ガンガモプテリスなど 600種類ほどが知られている。石炭紀になって世界の植物群はレピドデンドロプシス植物群とアンガラ植物群に分れ,石炭紀の終りからペルム紀にかけてゴンドワナアンガラ,ユーラメニア,カタイシアの4つの植物群に分れたとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンガラ植物群の言及

【アンガラ大陸】より

…古生代後期のアンガラ植物群Angara floraが分布したウラル地方から沿海州にいたる広大な地域を,南半球のグロッソプテリス植物群で特徴づけられたゴンドワナ大陸と対立させてアンガラ大陸と呼んでいる。先カンブリア時代から古生代前半では両大陸や北アメリカ,ヨーロッパの各大陸が一つの超大陸(パンゲア)を形成していた。…

※「アンガラ植物群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンガラ植物群の関連キーワードクズネツク炭田ノボクズネツククズバス炭田BAM鉄道Новокузнецк東シベリア太平洋パイプラインЛенинск-Кузнецкийサヤン山地ウラル・クズネツク・コンビナートクズネツク植物群

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone