コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンガラ植物群 アンガラしょくぶつぐんAngara flora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンガラ植物群
アンガラしょくぶつぐん
Angara flora

ロシアのクズネツク盆地からシベリアを経て,沿海州にいたる広大な地域に分布する石炭紀からペルム紀後期の化石植物群。ガンガモプテリスなど 600種類ほどが知られている。石炭紀になって世界の植物群はレピドデンドロプシス植物群とアンガラ植物群に分れ,石炭紀の終りからペルム紀にかけてゴンドワナ,アンガラ,ユーラメニア,カタイシアの4つの植物群に分れたとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアンガラ植物群の言及

【アンガラ大陸】より

…古生代後期のアンガラ植物群Angara floraが分布したウラル地方から沿海州にいたる広大な地域を,南半球のグロッソプテリス植物群で特徴づけられたゴンドワナ大陸と対立させてアンガラ大陸と呼んでいる。先カンブリア時代から古生代前半では両大陸や北アメリカ,ヨーロッパの各大陸が一つの超大陸(パンゲア)を形成していた。…

※「アンガラ植物群」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンガラ植物群の関連キーワードグロッソプテリスカタイシア植物群アンガラ楯状地アンガラ大陸三畳紀

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android