コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンコウ鍋 アンコウなべ

1件 の用語解説(アンコウ鍋の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アンコウ鍋【アンコウなべ】

アンコウの肉や内臓を主材料とし,野菜,豆腐などをあしらった鍋料理。冬が旬(しゅん)で,肉よりも内臓が美味とされる。俗に七つ道具といって水袋(胃袋),きも,とも(尾鰭(おびれ)など),えら,ぬの(卵巣),皮,柳肉(ほお肉)などを賞味する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

アンコウ鍋の関連キーワードあんこアンコウ塩辛コンフィズリー主材もつ剥製バタークリーム焼肉内臓摘出

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アンコウ鍋の関連情報