コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七つ道具 ナナツドウグ

3件 の用語解説(七つ道具の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ななつ‐どうぐ〔‐ダウグ〕【七つ道具】

7種類で一組とされる道具。また、7種に限らず、ある事をするのに必要なひとそろいの道具。「スパイの七つ道具
武士が戦場に出るとき携えたという7種の武具。ふつう、具足太刀母衣(ほろ)兜(かぶと)。また、弁慶など豪勇の者が用いたという、鋸(のこぎり)槌(つち)斧(おの)熊手などの7種類の道具。
大名行列で、供に持たせた、長刀(なぎなた)台笠立傘大鳥毛馬印挟み箱
女性が身だしなみのために一組にして携帯する小道具。はさみ・小刀・針・耳かき・毛抜き・糸巻き・爪切りなど。
立花(りっか)で基本となる七つの役枝(やくえだ)副(そ)え受け(請け)・正真(しょうしん)・見越し・流枝(ながし)・前置きの七つ。
《「七(しち)」が「質(しち)」と同音であるところから》質ぐさ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ななつどうぐ【七つ道具】

七種でひとそろいとなる道具。また、いつも携帯するひとそろいの小道具。ある仕事に必要な道具類。 「大工の-」 「現代女性の-」
戦場に臨む武士が身に着けた武具一式。内容は一定しないが、一般に具足・刀・太刀・矢・弓・母衣ほろ・兜かぶとの七種。また、弁慶が背に負っていたという鎌・鋸のこぎり・槌つち・斧おの・熊手など。
大名行列に用いる道具一式。槍・長刀なぎなた・台傘・馬印・挟箱はさみばこ・立傘たてがさ・大鳥毛など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七つ道具
ななつどうぐ

「七つ」とは一揃(そろ)い、一式の意味である。武器、防具の基本的装備一組、すなわち鎧(よろい)、太刀(たち)、刀、弓、矢、母衣(ほろ)、兜(かぶと)をさす。室町期の故実書にいう「七つ物」のこと。江戸期、俗に熊手(くまで)、薙鎌(ないがま)、鉄棒、槌(つち)、鉞(まさかり)、刺股(さすまた)、鋸(のこぎり)、鍬(くわ)などの補助的武具のいくつかを組み合わせても称する。組合せには諸説がある。幸若舞(こうわかまい)「高館(たかだち)」に弁慶が数種の武器を携帯したことにちなむ「弁慶の七つ道具」などはこの類。また、大名行列の威儀の七つ道具として、槍、長刀(なぎなた)、台笠(だいがさ)、立傘(たてがさ)、大鳥毛(おおとりげ)、馬印(うまじるし)、挟箱(はさみばこ)をさす。[齋藤愼一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の七つ道具の言及

【弁慶】より

…以上の諸点は捨子(すてご)童子がその語源といわれる酒呑(しゆてん)童子や伊吹童子,茨木童子,坂田金時と同じ種類の想像力で作り上げられているといえる。
[巨人伝説,七つ道具]
 《願書》では,流された島(松江市の中海の弁慶島といわれる)から海を埋めて道を作り陸に帰って来たと伝えられるが,また比叡山をはじめ諸国には釣鐘を弁慶が運んだとする伝説や,弁慶の足跡石の伝説がある。また奈良県には,天神山,畝傍(うねび)山は弁慶が棒でかついでいた〈もっこ〉の土が落ちてできたとする伝説がある。…

※「七つ道具」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

七つ道具の関連情報