コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水袋 ミズブクロ

デジタル大辞泉の解説

みず‐ぶくろ〔みづ‐〕【水袋】

水を入れる袋。
魚の浮き袋

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みずぶくろ【水袋】

水を入れる布や革で作った袋。
魚の腹中にある気胞。うきぶくろ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の水袋の言及

【アンコウ(鮟鱇)】より

…味はアンコウよりキアンコウのほうがすぐれている。アンコウなべ,あえ物などとして賞味されるが,筋肉よりむしろ〈とも〉(肝臓),〈水袋〉(胃),〈ぬの〉(卵巣)などの内臓や〈かわ〉(皮膚),ひれなどのほうが珍味とされる。皮膚が滑らかであり,筋肉がしまっていないので,あごに通した縄で軒先につるし,多量の水を胃の中に注いだ上,いわゆる〈つるし切り〉という独特の包丁さばきが適用される。…

※「水袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

水袋の関連キーワード耳のしくみとはたらき鮟鱇の七つ道具タンピングアンコウ鍋炭塵爆発ラクダ水棚気胞発破腹中

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android