アンジェラ ゲオルギウ(英語表記)Angela Gheorghiu

現代外国人名録2012の解説

アンジェラ ゲオルギウ
Angela Gheorghiu


国籍
ルーマニア

専門
ソプラノ歌手

生年月日
1965/9/7

出生地
ルーマニア アジュート

学歴
ブカレスト音楽アカデミー卒;ジョルジョ・エネスコ音楽大学

経歴
1990年クルージュ国立歌劇場で「ラ・ボエーム」のミミを歌ってデビュー。国際的デビューはスイスのバーゼル歌劇場での「愛の妙薬」アディーナ役。’92年ロイヤル・オペラの来日公演で「ドン・ジョヴァンニ」ツェルリーナを歌う。’94年ロイヤル・オペラでショルティ指揮の「椿姫」のヒロイン・ヴィオレッタに抜擢され、大成功を収める。声と美貌から“ルーマニア・センセーション”という言葉も生まれた。他に「トゥーランドット」のリュー、「カルメン」のミカエラ、「ロミオとジュリエット」のジュリエットなどで注目を集め、メトロポリタン歌劇場、ウィーン国立歌劇場をはじめ、欧米の主要な歌劇場で活躍を続ける。また、’92年テノールのロベルト・アラーニャと「ラ・ボエーム」で共演したのがきっかけで、’96年ニューヨークで結婚。アルバムに、アラーニャとの「愛のデュエット集」などがある。’97年6月夫とのデュオ・コンサートのため来日。

受賞
芸術文化勲章シュヴァリエ章;芸術文化勲章オフィシエ章 ベルヴェデーレ賞;グルベンキアン賞

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android