コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンジャン省 アンジャンAn Giang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンジャン〔省〕
アンジャン
An Giang

ベトナム南部の省。省都ロンスエンメコン川右岸にあり,北西はカンボジアと国境を接する。メコン川デルタの典型的な浮稲栽培地帯で,国境に近いチャウドクは米の集散地として知られる。そのほか牧牛や養蚕も盛ん。住民の大部分はベトナム人であるが,チャム族,クメール族などの少数民族も居住する。仏教系の新興宗教ホアハオ教が創始された地で,省内にはその信者が多い。メコン川およびその分流ハウジャン (バサック) 川を中心に運河網が発達。面積 3424km2。人口 184万 9700 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アンジャン省の関連キーワードオケオ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android