コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンスガール Ansgar

世界大百科事典 第2版の解説

アンスガール【Ansgar】

801‐865
ハンブルク・ブレーメン大司教,聖人。カール大帝の北欧進出の拠点となったハンブルクに,ルートウィヒ1世の時代にフランスのコルビーで教育をうけたベネディクト会修道士アンスガールが送られた。アンスガールはスウェーデンやデンマークで布教に従事し,各地の商業の拠点に教会を建設し,831年にハンブルク初代大司教となった。聖堂参事会学校を設立し,禁欲的な生活を送り〈北方の使徒〉と呼ばれたが,デンマーク人の襲撃により,847‐848年にはブレーメン司教区に退いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンスガール
あんすがーる

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアンスガールの言及

【スカンジナビア】より

…豪族的〈民主制〉に対して中央的〈専制〉を表現する宗教は,他のすべてのヨーロッパ諸国と同じく,ここでも教区制を伴うキリスト教であった。 北欧のキリスト教化は9世紀初め以来,アンスガール(ベネディクト派の修道士。ヘゼビューに北欧最初の教会を建て,のちハンブルク大司教となる)をはじめとする北方伝道と,西方で受洗したバイキングの帰郷によってはじまったが,最初の成功はようやく10世紀中ごろ,ドイツの軍事的圧迫下にデンマークでみられた。…

※「アンスガール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンスガールの関連キーワードビルカとホーヴゴーデン9月9日ビルカリーベ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android