アンタッチャブル

デジタル大辞泉プラスの解説

アンタッチャブル

アメリカ制作のテレビドラマ。原題は《The Untouchables》。放映はABC局(1959~1963年)。禁酒法時代のアメリカ・シカゴを舞台に、ギャングとアメリカ財務省捜査官のチームの対決を描いた。『どてっ腹に穴を開けろ』とも。リメイク作品として、1987年の映画『アンタッチャブル』、1993年のテレビドラマ『新・アンタッチャブル』がある。

アンタッチャブル

1987年製作のアメリカ映画。原題《The Untouchables》。禁酒法時代のシカゴを舞台に、アル・カポネ摘発を目指す捜査官たちの活躍を描く。監督:ブライアン・デ・パルマ、出演:ケビン・コスナー、ショーン・コネリー、ロバート・デ・ニーロ、アンディ・ガルシアほか。第60回米国アカデミー賞助演男優賞受賞(ショーン・コネリー)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アンタッチャブル

〘名〙 (untouchable 「触れることのできない」の意)
① インドの四種あるカーストの最下級にあたるシュードラよりも、さらに下の階層。不可触民
② (どんな買収にものらないところから) アメリカ連邦捜査局員をいう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のアンタッチャブルの言及

【不可触民】より

…4バルナに属する一般住民(カースト・ヒンドゥー)にけがれを与える存在とみられ,〈触れてはならない〉人間として社会生活のすべての面で差別されてきた。ヒンディー語でアチュートachūt,英語でアンタッチャブルuntouchable,アウト・カーストout‐casteと呼ばれ,またガンディーは彼らに〈神の子〉を意味するハリジャンharijanという呼称を与えた。欧米ではパリアpariahの名でも知られる。…

※「アンタッチャブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンタッチャブルの関連情報