不可触民(読み)ふかしょくみん

日本大百科全書(ニッポニカ)「不可触民」の解説

不可触民
ふかしょくみん

インドの被差別民(賤民(せんみん))諸集団の総称。英語のアンタッチャブルの訳語であるが、今日ではその使用を避けて、指定カースト(Scheduled Castes)という呼称が多く用いられている。

 サンスクリット語ではアスプリシュヤという。これは可触民(スプリシュヤ)という語に否定辞アがついたもので、文字どおり触ってはならない者という意味である。アスプリシュヤという社会階層概念は紀元前後に成立した『マヌ法典』にはみられず、それより少し後の『ビシュヌ法典』に初めて現れる。紀元後400~600年の成立とされる『カーティヤーヤナ法典』には、アスプリシュヤに関するより詳細な規定がみられるから、このころには、被差別諸集団を一括して不可触民とする考え方が定着してきたのであろう。しかし、不可触民という社会階層が本格的に形成されたのは7、8世紀のインド中世社会形成期以降であると考えられる。この時代、定着農耕社会が拡大し、村落共同体が形成され始め、それに伴って、多くの山間部族民が村落に吸収され、死獣の皮剥(かわは)ぎ、皮革細工、村域の清掃などに従事するようになっていった。この過程で同時に形成されたカースト制度において、彼らの多くは不可触民とされたと考えられる。不可触民カーストとしてよく知られたものには、北インドのチャマール、デカン高原のマハール、南インドのパライヤンなどがある。不可触制はイギリス植民地支配下にも本質的には変わることなく続いたが、20世紀になると、不可触民自身の解放運動が始まった。それを代表するのはマハールのB・R・アンベードカルで、インド独立に際しては憲法起草委員会委員長に就任し、憲法に不可触制廃絶を明記させた。しかし、なおも続く差別に抗議して、1956年、その死の年には、数十万人のマハールたちとともに仏教に改宗した。彼らはいま、新仏教徒とよばれている。

[小谷汪之]

『山崎元一著『インド社会と新仏教――アンベードカルの人と思想』(1979・刀水書房)』『B・R・アンベードカル著、山崎元一・吉村玲子訳『インド――解放の思想と文学(5) カーストの絶滅』(1994・明石書店)』『M・K・ガンディー著、森本達雄ほか訳『インド――解放の思想と文学(6) 不可触民解放の悲願』(1994・明石書店)』『篠田隆著『インドの清掃人カースト研究』(1995・春秋社)』『小谷汪之著『不可触民とカースト制度の歴史』(1996・明石書店)』『小谷汪之編『インドの不可触民――その歴史と現在』(1997・明石書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「不可触民」の解説

不可触民
ふかしょくみん
untouchables

主としてインドにおける最下級カーストに属する人を意味した言葉。インドでは 1949年,パキスタンでは 53年に,憲法によりこの用語の使用は禁止されている。彼らの職業は皮はぎ,糞尿汲取り,道路の清掃,水運びなどで,生活は極貧であり,主として村はずれで集団生活をしていた。不浄な人々とみなされ,婚姻就学寺院へ入ることも制限されていた。上位の者は彼らから食物をもらってはならず,井戸も共用できず,また接触,接近も忌避されていた。 M.K.ガンジーが,彼らをビシュヌ神の子を意味するハリジャンという名称で呼び,その解放に尽力して以来,ハリジャンとも呼ばれる。 55年の不可触民違反法では,宗教,職業,社会的権利において彼らを差別するものは罰せられることになったが,伝統的な差別の慣習は全廃されたとはいえない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「不可触民」の解説

不可触民【ふかしょくみん】

インドのバルナ種姓)制度で,四つのバルナの外におかれた最下層民。ヒンディー語アチュートachut,英語でuntouchable,out-caste,pariahと呼ばれる。〈触れてはならない〉穢れたものとされ,社会的・経済的に大きな差別を受けている。農奴,下級労働者のほか,皮剥(かわはぎ),糞尿汲取(くみとり),水運びなどバラモン的な観点から不浄とみなされる職業を強いられてきた。M.K.ガンディーは彼らを〈神の子(ハリジャン)〉と呼び,差別撤廃運動を行ったが,自らも不可触民出身のアンベードカルは,仏教への改宗にその解決を求めた。今日では不可触民を意味する差別用語は使われず,公式に指定カーストと称される。→カースト
→関連項目ネオ・ブッディスト運動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「不可触民」の解説

ふかしょく‐みん【不可触民】

インドのカースト制で、カースト外に置かれた最下層民。1950年のインド共和国憲法で、身分差別廃止。アチュート。パリア。ハリジャン。アンタッチャブル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「不可触民」の解説

ふかしょくみん【不可触民】

インドのカースト社会で,4バルナ(種姓)の枠の外に置かれてきた最下層民。4バルナに属する一般住民(カースト・ヒンドゥー)にけがれを与える存在とみられ,〈触れてはならない〉人間として社会生活のすべての面で差別されてきた。ヒンディー語でアチュートachūt,英語でアンタッチャブルuntouchable,アウト・カーストout‐casteと呼ばれ,またガンディーは彼らに〈神の子〉を意味するハリジャンharijanという呼称を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の不可触民の言及

【インド[国]】より

…このことは普通選挙制が実現した独立後の時期にはさらに重要となった。 ネルー時代の国民会議派の選挙における確固とした支持基盤は,彼自身の出身カーストであり知識階層の多くの人々のそれでもあるバラモン,分割後もインドに取り残されて社会的に不安定な立場にあるムスリム,ヒンドゥー社会の底辺を形づくる指定カースト(不可触民)の三つであったといわれる。この3者だけで全人口の30%をこえると推定される。…

【カースト】より

…これに対しシュードラは入門式を挙げることのできない一生族(エーカジャekaja)とされ,再生族から宗教上,社会上,経済上のさまざまな差別を受けた。そして,シュードラのさらに下には,4バルナの枠組みの外におかれた不可触民(今日では指定カーストscheduled casteと呼ばれる)が存在した。彼らは〈第5のバルナに属する者(パンチャマpañcama)〉とも〈バルナを持たない者〉とも呼ばれる。…

※「不可触民」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android