対決(読み)たいけつ

精選版 日本国語大辞典「対決」の解説

たい‐けつ【対決】

〘名〙
① 裁判で、当事者が提出する書類や証書などを比較検討して裁決すること。
※後二条師通記‐寛治六年(1092)九月一八日「仏法王城之中、相従道理毎事可候、不対決以前、率大衆等参之由不当」
② 鎌倉・室町時代の訴訟手続きの一つ。三問三答の訴陳を番がえた後で、なお理非がはっきりしない場合に(これ以前でも当事者の請求があれば行なわれた)、原告(訴人)と被告(論人)の両当事者が裁判所の召喚によって出頭し、交互に裁判所の提示する論点に対して口頭弁論を行なうこと。幕府、朝廷、諸権門が行なった。問注。問答。
※吾妻鏡‐元暦元年(1184)一〇月二〇日「諸人訴論対決事」
※米沢本沙石集(1283)七「度々問答往復して、事ゆかざりければ、鎌倉に上りて対決(タヒケツ)しけり」
③ 両者が相対してどちらの側が正しいかをはっきり決めること。また、困難なことや問題の解決などに正面からはっきりと立ち向かうこと。
※雑俳・柳多留‐四(1769)「乳母同士たいけつになる柿一つ」
※街道記‐「奥の細道」の杖の跡(1952)〈井伏鱒二〉「これをきいた高橋鉄牛といふ人が、大いに腹を立てて寺崎先生に対決を申しこんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「対決」の解説

たい‐けつ【対決】

[名](スル)両者が、面と向かい合って事の決着をつけること。また、困難に正面から立ち向かうこと。「東西両横綱の対決」「悪と対決する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の対決の言及

【問注】より

…鎌倉・室町幕府における訴訟手続では,原告と被告とは,裁判所を通じて書面による応酬をした後,裁判所に出頭して口頭弁論を行うことになっていた。この裁判所における口頭弁論が対決あるいは問注と呼ばれた。また訴訟一般を指して問注ということもあった。…

※「対決」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android