アンチシラバ(読み)あんちしらば(英語表記)Antsirabe

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンチシラバ
あんちしらば
Antsirabe

アフリカ南東部、マダガスカル中部の温泉都市。アンチラベともいう。首都アンタナナリボから南南西167キロメートル、標高1270メートルの高地にある。人口12万6062(1993センサス)、15万5300(2002推計)。近くにアンドライキバ湖があり、温泉のほか、水泳、ゴルフ、テニスなどのスポーツ施設の整った保養地として知られ、アンタナナリボから鉄道が通じている。

[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android