アンチノポリス(英語表記)Antinoopolis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンチノポリス
Antinoopolis

130年にローマ皇帝ハドリアヌスによって中エジプトに建設された町。現シェイクアバデ。エルミニア近くのナイル川東岸にあり,住民はギリシア人と考えられ,町は8世紀頃まで存続した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android