コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデルセン少年時代の家 アンデルセンしょうねんじだいのいえ

1件 の用語解説(アンデルセン少年時代の家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンデルセンしょうねんじだいのいえ【アンデルセン少年時代の家】

デンマークを代表する童話作家・詩人のアンデルセン(Hans Christian Andersen、1805~1875年)が、2歳から14歳までを過ごした家。フュン島(Fyn)の中心都市オーデンセ(Odense)の市庁舎近くにある。アンデルセンは、この町で貧しい靴職人の息子として生まれた。この家はビルにはさまれた小さな家で、3つの部屋とキッチン、靴職人の父親が仕事場としていた裏庭が残され、当時の手紙や彼が描いた絵などの展示がある。このほか、オーデンセ市内には、アンデルセンが生まれた貧民街に建つアンデルセン博物館がある。彼の通学した学校があった救貧院、洗礼や堅信礼を受けた教会など、アンデルセンゆかりの場所がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アンデルセン少年時代の家の関連キーワードダンマルクデンマーク連合王国国際子どもの本の日デンマーク王立歌劇場管弦楽団デンマーク王立管弦楽団ハンマー・オブ・エデンふなばしアンデルセン公園フライト・トゥ・デンマーク宮沢賢治童話村デンマーク温血種 (Danish Warmblood)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone