コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンデルセン少年時代の家 アンデルセンしょうねんじだいのいえ

1件 の用語解説(アンデルセン少年時代の家の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アンデルセンしょうねんじだいのいえ【アンデルセン少年時代の家】

デンマークを代表する童話作家・詩人のアンデルセン(Hans Christian Andersen、1805~1875年)が、2歳から14歳までを過ごした家。フュン島(Fyn)の中心都市オーデンセ(Odense)の市庁舎近くにある。アンデルセンは、この町で貧しい靴職人の息子として生まれた。この家はビルにはさまれた小さな家で、3つの部屋とキッチン、靴職人の父親が仕事場としていた裏庭が残され、当時の手紙や彼が描いた絵などの展示がある。このほか、オーデンセ市内には、アンデルセンが生まれた貧民街に建つアンデルセン博物館がある。彼の通学した学校があった救貧院、洗礼や堅信礼を受けた教会など、アンデルセンゆかりの場所がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone