コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントウェルペン王立美術館 アントウェルペンおうりつびじゅつかんKoninklijk Museum voor Schone Kunsten Antwerpen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントウェルペン王立美術館
アントウェルペンおうりつびじゅつかん
Koninklijk Museum voor Schone Kunsten Antwerpen

ベルギー,アントウェルペンにある美術館。1383年設立の聖ルカ画家組合と 1664年設立のアントウェルペン王立美術アカデミーの所蔵品を基礎とし,その中心はフランドル絵画(→フランドル美術)である。ヤン・ファン・アイクの『泉の聖母』および『聖女バルバラ』,ロヒール・ファン・デル・ワイデンの『七つの秘跡の祭壇画』,ハンス・メムリンクの『奏楽の天使に囲まれたキリストの祭壇画』,ペーテル・パウル・ルーベンスの『おうむを持つ婦人』などが特に有名。美術館の建物は,フランス・ファン・ダイクとヤーコプ・ウィンデルスの設計により 1890年に完成したもの。今日では収蔵品は 3部門に分けられ,近世以前の巨匠の諸作品は「美しき階」と呼ばれる 2階に,近代絵画と現代絵画の 2部門は 1階に展示されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アントウェルペン王立美術館の関連キーワードローランス(Henri Laurens)フーケ(Jean Fouquet)ペーテル・パウル・ルーベンスファン・アイク(兄弟)レジェモルテルパティニールアールツェンブラウエルアンソールフローリスマサイスフォス

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android