アントルシャ(英語表記)entrechat

翻訳|entrechat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントルシャ
entrechat

バレエ用語。イタリア語の intrecciare (織り合せる) に由来し,はね回る,踊り狂うの意味もある。とび上がって両脚を交差しながら,脚を打ちつけあうことで,パ (ステップ) の代表的なもの。女性の場合は男性に支えられて行うことが多い。1回の交差を両足として2回と数え,2~10回のアントルシャがある。奇数の回数は片足で降りたときをいう。またアントルシャ・ドゥ (2回のアントルシャ) はシャンジュマン・ド・ピエといい,脚を交差し,また開くという繰返しによって脚のすきまから光を差込ませ,踊りに明暗をつける重要なものとなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アントルシャ

クラシック・ダンスで,体を垂直にして跳躍し,空中にとび上がっている最中に両足を交差させる動きをいう。交差させる回数によって,アントルシャ・カトル(4回),アントルシャ・シス(6回)などという。アントルシャ・ユイット(8回)が一番高度で,男性舞踊手の動きとされている。→バレエ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のアントルシャの言及

【バレエ】より

…回転技の回る方向を示す語でもある。アントルシャentrechat跳び上がって空中で足を交差させる技法。アントレentréeパ・ド・ドゥの導入部。…

※「アントルシャ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android