両足(読み)りょうそく

精選版 日本国語大辞典「両足」の解説

りょう‐そく リャウ‥【両足】

〘名〙
① 二本の。両方の足。双脚両脚。両あし
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「葬天皇於河内科長中尾山陵。太子素服歩随。両足見血。挙輿強進」 〔晉書‐武帝紀〕
※和漢朗詠(1018頃)下「今抜提河の滅度より二千年、紫磨金を瑩いて両足を礼したてまつる〈大江匡衡〉」

りょう‐あし リャウ‥【両足】

〘名〙 両方のあし。左右のあし。りょうそく。
※天草本伊曾保(1593)狗と、馬の事「アルトキ シュジンノ ムネニ riǒaxiuo(リャウアシヲ) アゲ、クチヲ ネブリ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「両足」の解説

りょう‐そく〔リヤウ‐〕【両足】

両方の足。2本の足。両脚。
両足尊」の略。
紫磨金しまごんみがいて―を礼し奉る」〈和漢朗詠・下〉

りょう‐あし〔リヤウ‐〕【両足】

左右両方の足。もろあし。両脚りょうきゃく

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android