コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンドレア・デル・カスターニョ Andrea del Castagno

世界大百科事典 第2版の解説

アンドレア・デル・カスターニョ【Andrea del Castagno】

1423‐57
イタリアの画家。小村カスターニョ生れ。20歳のころベネチアでモザイク下絵を制作したとされる。それ以外はフィレンツェで活動。代表作のサンタポロニア修道院の壁画《最後の晩餐》(1447)は,刻みこんだような強い描線で,人物の強靱な肉体と激しい感情を粗野なほど直截に表現した作品。それに対し,カルドゥッチ家別荘のために描かれた連作《著名紳士婦人たちの像》(1450ころ)では,繊細な明暗表現がかつての粗野なところに多少の洗練さを加えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンドレア・デル・カスターニョの関連キーワードサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂[フィレンツェ]フィレンツェ派記念騎馬像マサッチョドナテロ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android