アンペールの規則(泳者の法則)(英語表記)Ampere's rule

法則の辞典の解説

アンペールの規則【Ampere's rule】

電流の周囲に生じる磁場の方向について,1830年にアンペールが提案した規則.「電流の方向に向かって泳ぐ人間が,顔面を受動点に向け,左腕をまっすぐにのばすとき,左腕の指す方向が磁場の方向となる」というもので,そのため「泳者の法則」とも呼ばれる.現在では「アンペールの右ネジの法則」と呼ばれることが多くなった.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android