アンリ マルティネ(英語表記)Henri Martinet

20世紀西洋人名事典の解説

アンリ マルティネ
Henri Martinet


1916 -
フランスのジャーナリスト,政治家。
元・社会党全国書記,元・欧州議会フランス代表議員。
パリ生まれ。
大学卒業後、アバス通信記者となる。人民戦線期には共産主義学生同盟のパリ・グループの代表として活動したが、スターリンによる粛正裁判に抗議し、1938年フランス共産党を脱党。第二次大戦中はレジスタンスに参加。戦後はフランス通信社編集長、「フランス・オプセルバトゥール」紙編集長を歴任。「ヌーベル・オプセルバトゥール」紙などにも携わる。1960〜67年統一社会党副書記長を経て、再生社会党に入党。’75〜78年社会党全国書記として自由管理社会主義理論を展開。’79年欧州議会フランス代表議員に選ばれる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android