コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヴェ・マリア

2件 の用語解説(アヴェ・マリアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

アヴェ・マリア

フランスの作曲家シャルル・グノーの宗教的歌曲(1859)。原題《Ave Maria》。J・S・バッハの『平均律クラヴィーア曲集』第1番の前奏曲にラテン語の聖句を付したもの。

アヴェ・マリア

オーストリアの作曲家フランツシューベルトの歌曲D839(1825)の通称。原題《Ave Maria》。正式名称は『エレンの歌』第3番。歌詞はサー・ウォルター・スコットの『湖の麗人』に基づく。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アヴェ・マリアの関連キーワード野ばら楽興の時スッペ未完成糸を紡ぐグレートヒェン楽に寄す幻想曲ハ長調「さすらい人」ロザムンデシュミット, フランツ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アヴェ・マリアの関連情報