コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヴェ・マリア

デジタル大辞泉プラスの解説

アヴェ・マリア

フランスの作曲家シャルル・グノーの宗教的歌曲(1859)。原題《Ave Maria》。J・S・バッハの『平均律クラヴィーア曲集』第1番の前奏曲ラテン語の聖句を付したもの。

アヴェ・マリア

オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの歌曲D839(1825)の通称。原題《Ave Maria》。正式名称は『エレンの歌』第3番。歌詞はサー・ウォルター・スコットの『湖の麗人』に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

アヴェ・マリアの関連キーワードマリア(キリストの生母)ヒブラ ゲルズマーワオーストリアガル コスタ

アヴェ・マリアの関連情報