アヴェ・マリア

デジタル大辞泉プラスの解説

アヴェ・マリア

フランスの作曲家シャルル・グノーの宗教的歌曲(1859)。原題《Ave Maria》。J・S・バッハの『平均律クラヴィーア曲集』第1番の前奏曲ラテン語の聖句を付したもの。

アヴェ・マリア

オーストリアの作曲家フランツ・シューベルトの歌曲D839(1825)の通称。原題《Ave Maria》。正式名称は『エレンの歌』第3番。歌詞はサー・ウォルター・スコットの『湖の麗人』に基づく。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アヴェ・マリアの関連情報