コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーガー・ハーン āghā khān

1件 の用語解説(アーガー・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アーガー・ハーン【āghā khān】

1818年以降ニザール派イマームによって用いられている称号。元来はイランカージャール朝宮廷の名誉称号。1817年ニザール派イマームの地位を父シャーハリールアッラーより継承したハサンアリー・シャーが,18年カージャール朝のファトフ・アリー・シャーの娘をめとり,マハラートとコムの知事に任命された際に贈られたのが最初である。普通彼をアーガー・ハーン1世(1800‐81)と呼ぶ。38年ムハンマド・シャー治下のケルマーンでの反乱に失敗したハサンは,アフガニスタンを経て,40年シンドに避難した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アーガー・ハーンの関連キーワードワイマールワイマール共和国ワイマール憲法オールドタイマーコールドゲーム女子パートタイマー保険ニザームアルムルク躍動マークロール・マークフレーム・マール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone