アーガー・ハーン(英語表記)āghā khān

世界大百科事典 第2版の解説

アーガー・ハーン【āghā khān】

1818年以降ニザール派イマームによって用いられている称号。元来はイランのカージャール朝宮廷の名誉称号。1817年ニザール派イマームの地位を父シャー・ハリール・アッラーより継承したハサン・アリー・シャーが,18年カージャール朝のファトフ・アリー・シャーの娘をめとり,マハラートとコムの知事に任命された際に贈られたのが最初である。普通彼をアーガー・ハーン1世(1800‐81)と呼ぶ。38年ムハンマド・シャー治下のケルマーンでの反乱に失敗したハサンは,アフガニスタンを経て,40年シンドに避難した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android