コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーガー・ハーン(英語表記)āghā khān

世界大百科事典 第2版の解説

アーガー・ハーン【āghā khān】

1818年以降ニザール派イマームによって用いられている称号。元来はイランのカージャール朝宮廷の名誉称号。1817年ニザール派イマームの地位を父シャー・ハリール・アッラーより継承したハサン・アリー・シャーが,18年カージャール朝のファトフ・アリー・シャーの娘をめとり,マハラートとコムの知事に任命された際に贈られたのが最初である。普通彼をアーガー・ハーン1世(1800‐81)と呼ぶ。38年ムハンマド・シャー治下のケルマーンでの反乱に失敗したハサンは,アフガニスタンを経て,40年シンドに避難した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android