コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーガー・ハーン āghā khān

1件 の用語解説(アーガー・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アーガー・ハーン【āghā khān】

1818年以降ニザール派イマームによって用いられている称号。元来はイランカージャール朝宮廷の名誉称号。1817年ニザール派イマームの地位を父シャーハリールアッラーより継承したハサンアリー・シャーが,18年カージャール朝のファトフ・アリー・シャーの娘をめとり,マハラートとコムの知事に任命された際に贈られたのが最初である。普通彼をアーガー・ハーン1世(1800‐81)と呼ぶ。38年ムハンマド・シャー治下のケルマーンでの反乱に失敗したハサンは,アフガニスタンを経て,40年シンドに避難した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アーガー・ハーンの関連キーワード梅暮里谷峨楠里亭其楽増田五郎右衛門グロズヌイ文政高遠藩寄席ねぶた祭松浦武四郎アッカーマン機構

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone