コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コム コムQom

7件 の用語解説(コムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コム
コム
Qom

クム Qumともいう。イラン中央北部,マルカジー州の都市。テヘラン南西約 130km,コム川の両岸にまたがり,カビール砂漠の周辺部に位置する。宗教都市として知られ,市内外にはおよそ 400人の聖者とアッバース2世など 10人に上る王が埋葬されており,金色のドームをもつアリー・アッリダーの妹ファーティマの墓廟には多くの巡礼者が集る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

コム
コム
COM; computer output microfilmer

コンピュータ出力マイクロフィルム装置。コンピュータの出力情報をマイクロフィルム上に文字や図形として記録する装置。永久保存のための情報は COMによってフィルムにして保存することが行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

コム

イラン中部の都市。ゴムまたはクムとも。テヘラン南部,イスラム教シーア派神学の中心地の一つ。イマーム・レザーの妹ファーティマの廟を含め,諸王の廟やモスクホメイニーが教えた学院などがある。
→関連項目イラン革命

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コム【Qom】

イランの都市で,テヘランの南120kmにあるシーア派十二イマーム派の聖地の一つ。人口78万(1994)。クムQum,ゴムともよばれる。古代にはゾロアスター教の聖地で,816∥817年8代イマーム,イマーム・レザーの妹ファーティマがここで客死してその廟が建てられ,聖地となった。とくに,サファビー朝はその廟を改築して同市への巡礼を勧め,それ以降急速に発展した。今日でもモスク208,マドラサ(学院)10など宗教施設は多く,ホメイニー師が学び教鞭をとったハウゼウルミエ・コム学院(1921創設)は有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コム【Qom】

イラン北部の都市。イスラム教シーア派の巡礼地で神学研究の中心地。クム。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コム
こむ
Qom

イラン中部の都市。ゴムまたはクムともいう。テヘランの南120キロメートルに位置し、標高928メートル。年降水量144ミリメートル。人口77万7677(1996)。テヘランとアバダーンを結ぶイラン横断鉄道から、カーシャーンへ向かう分岐点で、農産物の集散地、工芸品の産地として知られる。シーア派第8代のイマーム・レザーの妹マアスーメの廟(びょう)があり、マシュハドとともにシーア派教徒の巡礼地、シーア派神学の中心都市である。カージャール朝の王などの墓も多い。[岡正孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

コムの関連キーワードコム

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コムの関連情報