アーキトレーブ(英語表記)architrave

翻訳|architrave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーキトレーブ
architrave

建築用語。ギリシア,ローマ時代,およびルネサンスなどの古典様式を受継ぐ建築において,フリーズの間に水平に架した梁材のこと。エピステュリオンともいう。エンタブラチュアの一部をなし,柱と柱の間をつなぎ,屋根を支えるなど,建築物上層部を構成する重要な部分。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アーキトレーブ【architrave】

ギリシャ・ローマ建築で、エンタブレチュアの下部を構成する水平材。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアーキトレーブの言及

【ギリシア美術】より

…それらは普通は3段の階段状基壇をもち,縦のフルーティング(溝彫)をつけた円柱を立てる。その上に桁に相当するアーキトレーブ(エピステュリオン),小壁に相当するフリーズ(ディアゾマ),壁面より突き出たコーニス(ゲイソン)をのせる。これら,柱の上にのる構造物全体をエンタブラチュアと呼ぶ。…

※「アーキトレーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android