コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーキトレーブ アーキトレーブ architrave

翻訳|architrave

2件 の用語解説(アーキトレーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーキトレーブ
アーキトレーブ
architrave

建築用語。ギリシアローマ時代,およびルネサンスなどの古典様式を受継ぐ建築において,柱とフリーズの間に水平に架した梁材のこと。エピステュリオンともいう。エンタブラチュアの一部をなし,柱と柱の間をつなぎ,屋根を支えるなど,建築物の上層部を構成する重要な部分。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

アーキトレーブ【architrave】

ギリシャ・ローマ建築で、エンタブレチュアの下部を構成する水平材。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアーキトレーブの言及

【ギリシア美術】より

…それらは普通は3段の階段状基壇をもち,縦のフルーティング(溝彫)をつけた円柱を立てる。その上に桁に相当するアーキトレーブ(エピステュリオン),小壁に相当するフリーズ(ディアゾマ),壁面より突き出たコーニス(ゲイソン)をのせる。これら,柱の上にのる構造物全体をエンタブラチュアと呼ぶ。…

※「アーキトレーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アーキトレーブの関連キーワードギリシャ文字カリアティードGrecoRomanタオルミーナのギリシア劇場京都ギリシアローマ美術館アテネ考古学博物館ギリシア科学グレコ・ロマン様式ギリシア・ローマ神話《ギリシア・ローマ対話編》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone