コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーネスト ボーグナイン Ernest Borgnine

20世紀西洋人名事典の解説

アーネスト ボーグナイン
Ernest Borgnine


1918.1.24 -
俳優。
コネティカット州ハムデン生まれ。
本名Ermes Borgnino。
ニューヘイヴン・ハイスクールの学校演劇で活躍し、卒業後トラック運転手などを経て、1935年海軍に入隊する。戦後、ランドール・スクール・オヴ・ドラマティック・アートで学び、バーター・シアターに参加し、「Harvey」でブロードウェイに進出する。’50年コロンビア映画と契約し、’51年映画デビューする。’55年「マーティ」に初出演し、アカデミー主演男優賞を受賞、その後もエネルギッシュな演技で準主役クラスのキャリアをキープする。ローダ・ケミンズやケティ・フラド、トーヴ・ニューマンらと結婚・離婚を繰り返す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

アーネスト ボーグナイン
Ernest Borgnine


国籍
米国

専門
俳優

本名
Ermes Borgnino

生年月日
1917/1/24

出生地
コネティカット州ハムデン

経歴
ハイスクール時代から学校演劇で活躍。卒業後は海軍生活、演劇学校を経て小劇場の舞台に立つ。「ハーヴェイ」でブロードウェイに進出し、1950年コロンビア映画と契約。太い眉にギョロ目、大きな鼻と口という特異な容貌で悪役専門だったが、’55年「マーティ」に初主演、貧乏で醜い中年男の結婚物語を確かな演技力で見せ、アカデミー主演男優賞を獲得。美男美女中心のハリウッドのスター・システムに一つの衝撃を与えた。その後もエネルギッシュな演技で準主役級スターの地位を確保、貴重な脇役として活躍。他の出演作に「地上より永遠に」(’53年)、「日本人の勲章」(’55年)、「ワイルドパンチ」(’69年)、「ウィラード」(’71年)、「ポセイドン・アドベンチャー」(’72年)、「北国の帝王」(’73年)、「西部戦線異状なし」(’79年,TVM)、「凄腕12・戦争プロフェッショナル」(’85年,TVM)、「ミストレス」(’92年)、「11’09’’01/セプテンバー11」(2002年)など。テレビにも多く出演し、1984年からスタートした「エアーウルフ」では新しいファンを獲得した。女優ケティ・フラド、エセル・マーマンらと5回の結婚をしている。

受賞
アカデミー賞主演男優賞(第28回)〔1955年〕「マーティ」 カンヌ国際映画祭男優賞(第8回)〔1955年〕「マーティ」;ゴールデン・グローブ賞主演男優賞(第13回,1955年度)「マーティ」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

アーネスト ボーグナインの関連キーワード北極の基地/潜航大作戦ニューヨーク1997ワイルドバンチ特攻大作戦汚れた七人コンボイ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android