コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーメス・パピルス Ahmes papyrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーメス・パピルス
Ahmes papyrus

発見者であるイギリスのエジプト学者 H.リンドにちなんでリンド・パピルスともいう。古代エジプトにおいて,神官アーメスは,前 1650年頃,パピルスといわれる植物の茎の繊維でつくられた書写材料に,算術代数幾何などそれ以前から知られていた数学の知識を記録して残した。これがアーメス・パピルスで,たとえば「直径が9,高さが 10の円筒形の穀倉の容積」を求める問題など 84の例題が含まれ,その解答も与えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報