コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーメス・パピルス アーメス・パピルス Ahmes papyrus

1件 の用語解説(アーメス・パピルスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーメス・パピルス
アーメス・パピルス
Ahmes papyrus

発見者であるイギリスエジプト学者 H.リンドにちなんでリンド・パピルスともいう。古代エジプトにおいて,神官アーメスは,前 1650年頃,パピルスといわれる植物の茎の繊維でつくられた書写材料に,算術,代数,幾何などそれ以前から知られていた数学の知識を記録して残した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アーメス・パピルスの関連キーワードシナイ文字ロゼッタストーンエジプト鼠エジプト綿エジプトはナイルの賜古代エジプト語ワセトエジプト風イギリス・エジプト同盟条約イギリス・エジプト友好条約

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone