コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーモス2世 アーモスにせいAhmose II

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーモス2世
アーモスにせい
Ahmose II

古代エジプト第 26王朝の王 (在位前 570~前 526) 。アマシス,アモシス,アフモスとも呼ばれる。アプリエス王の将軍であったが,反乱軍にくみして王位を奪った。多数のギリシア人を雇い,ギリシアの僭主との友好を深めた。特にサモスの僭主ポリクラテスと結び,デルフォイの神殿に 1000タレントを献じたと古代ギリシアの歴史家ヘロドトスは伝えている。ギリシアとの交易を盛んにする一方,ギリシア人対策としてギリシア商人の居留地をナウクラティスに制限した。治世の初期にはバビロニア王ネブカドネザル2世によって脅かされたが,エジプト国内は非常に繁栄した。のちに強大化したアケメネス朝ペルシア帝国に対抗するため,同盟に加入,ペルシアの侵略を受ける1年前に没した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アーモス2世の関連キーワードサイス朝ダフネ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android