友好(読み)ユウコウ

デジタル大辞泉 「友好」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐こう〔イウカウ〕【友好】

友人としての親しい交わり。「友好を深める」「友好関係」「友好国」
[類語]友情友愛友誼親交親睦交遊交歓深交交誼厚誼昵懇懇意懇親交際付き合い交わり人付き合い触れ合い社交交友行き来旧交国交国際交流交情高誼よしみ接触コンタクト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「友好」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐こうイウカウ【友好】

  1. 〘 名詞 〙 友達としての親しい交わり。また、団体間・国家間の良好な関係をもいう。〔英和外交商業字彙(1900)〕 〔後漢書‐臧洪伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「友好」の読み・字形・画数・意味

【友好】ゆうこう(いうかう)

友人。親交。〔後漢書、崔伝〕扶風馬融南陽張衡と、特(ひと)り相ひ友とし好し。

字通「友」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android