アーヤーガパタ(英語表記)āyāgapaṭa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古代インドにおけるジャイナ教奉献石板。特にマトゥラとその周辺地域から1~2世紀に属するものが数多く発見された。マホーリ出土の奉献石板 (マトゥラ考古博物館) は,仏塔の古制を模したジャイナ教ストゥーパ浮彫を有し,高さ 75cm。カンカーリ・ティーラー出土の例 (ニューデリー国立博物館) は,中央円相内にジャイナ教祖師坐像の浮彫があり,高さ 63cm。ほかに法輪,三宝,聖などを刻んだ例も知られている。寺院内に置く場合もあったが,通常は樹木の下に基壇を築いて立て,礼拝の対象あるいは樹下瞑想の手段とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android