コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーヤーガパタ āyāgapaṭa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーヤーガパタ
āyāgapaṭa

古代インドにおけるジャイナ教奉献石板。特にマトゥラとその周辺地域から1~2世紀に属するものが数多く発見された。マホーリ出土の奉献石板 (マトゥラ考古博物館) は,仏塔の古制を模したジャイナ教ストゥーパ浮彫を有し,高さ 75cm。カンカーリ・ティーラー出土の例 (ニューデリー国立博物館) は,中央円相内にジャイナ教祖師坐像の浮彫があり,高さ 63cm。ほかに法輪,三宝,聖樹などを刻んだ例も知られている。寺院内に置く場合もあったが,通常は樹木の下に基壇を築いて立て,礼拝の対象あるいは樹下瞑想の手段とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android