コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基壇 きだんstylobate; podium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基壇
きだん
stylobate; podium

建造物をその上に建てるためにつくった土盛り,石積み建物偉容を増すとともに,湿気不同沈下を防ぐことができる。大別して,地山をそのまま使う場合と,いったん掘下げ,その底から土,砂,石などを交互に突固めて築き上げる場合がある。なお,上面側面などの化粧や保護には,石,瓦,漆喰などが使われる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

防府市歴史用語集の解説

基壇

建物を上に建てるために作られた壇です。土を少しずつ盛ってつきかためながら作ります。瓦ぶき建物のような重たい建物を造るときに必要となります。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きだん【基壇】

敷地面より一段高くつくった建物の基礎のこと。諸外国では,全体を石や煉瓦で築いたものも見られるが,日本ではふつう土盛りである。中国の殷代には,すでに版築によって基壇を築いており,戦国時代には,台榭(だいしや)といって極めて高く築いたものが盛行した。日本には仏教建築とともに伝わり,粘土と砂を交互に少しずつ盛って突き固める方法(〈はがねをいれる〉という)で築いている。基礎を一層強固にするため,いったん地面を1~1.5mの深さに掘込地業(ほりこみじぎよう)して,そこから築成する場合もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きだん【基壇】

建造物の下の基礎になる石や土で築いた壇。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の基壇の言及

【社寺建築構造】より

…社寺建築の大部分は一階であって,二階のあるものは門,鐘楼などを除けばごく少なく,三階以上は塔以外にはない(図1)。
【各部分の構造】
 社寺建築はまず基壇を築き,礎石をすえ,柱を立て,貫でこれをつなぎ,上に組物を置いて桁,梁を渡し,垂木(たるき)をかけ,屋根を葺き,いちおう雨のかからぬようにしてから,壁,窓,出入口をつくり,床,天井を張り,建具を入れ,装飾を施す。
[基壇]
 神社建築では古くは基壇を設けず,礎石もない掘立柱であったが,飛鳥時代に大陸の建築様式が伝来してからは,宮殿,仏寺などは基壇を設け,神社建築もこれにならうようになった。…

※「基壇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

基壇の関連キーワードミンガラゼディパゴダトゥーラ(メキシコ)ポートランド市庁舎チュキタンタ遺跡カントノゴル寺院タフティバーヒーアマラーバティー北九州市立美術館開心寺址五層石塔ケーシャバ寺院ボロブドゥールペルガモン祭壇ミシシッピ文化ステュロバテス上野国分寺跡カンガーバル三ツ塚廃寺跡パハールプル軍守里廃寺址開心寺址石塔

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

基壇の関連情報