アーリア語(読み)あーりあご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーリア語
あーりあご

19世紀にはインド・ヨーロッパ語の総称として用いられたが、現在はそのなかのインド・イラン語族の言語をさす。インドとイラン両語派の古い層は、英語とドイツ語の関係よりさらに近く、先史時代には一つの語派をなしていたと考えられる。その話し手は、自分たちをアーリア(古インド語ārya-、アベスタ語airya-、古ペルシア語ariya-)人と称していた。これは本来彼らに征服された非アーリア人である奴隷階級との対比において用いられたことばである。インドではのちに「高貴な」を意味し、イランでは「イラン」という名称の起源になっている。イラン・アーリア語という名称はないが、インド大陸のインド・ヨーロッパ系の言語は、古、中、現代インド・アーリア語とよばれる。インドではドラビダ、ムンダなど異なる語族の言語が共存しているからである。ヒンディー、ウルドゥー・ベンガリー、パンジャービーなどのほか、ロマ(かつてはジプシーとよばれた)の言語もこれに属する。

[風間喜代三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android