コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アール・ケー・ビー毎日放送 アール・ケー・ビーまいにちほうそう

3件 の用語解説(アール・ケー・ビー毎日放送の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アール・ケー・ビー毎日放送
アール・ケー・ビーまいにちほうそう

九州北部を地盤とするラジオテレビ兼営放送会社。 1951年ラジオ九州として設立,同年西日本で初めてラジオ本放送を開始。 58年テレビ本放送を開始。同年西部毎日テレビジョン放送と合併し現社名に変更,北部九州全域と山口県をカバーするサービスエリアを形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

アール・ケー・ビー毎日放送

正式社名「アール・ケー・ビー毎日放送株式会社」。略称「RKB毎日放送」。英文社名「RKB MAINICHI BROADCASTING CORPORATION」。情報・通信業。昭和26年(1951)設立。本社は福岡市早良区百道浜。民間放送業。全国で4番目、九州初の民間放送局として開局。テレビ・ラジオを兼営する。TBS系列でJNNネットワークに加盟。福岡証券取引所上場。証券コード9407。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アール・ケー・ビー毎日放送
あーるけーびーまいにちほうそう

九州地区でもっとも歴史の古いラジオ、テレビ兼営の民間放送局。略称RKB。1951年(昭和26)12月、毎日新聞社と福岡地区財界が主体となって「ラジオ九州」として開局、1958年3月にテレビ放送を開始し、8月、西部毎日テレビと合併して現社名となる。テレビは東京放送系のJNNの基幹局として制作を分担。とくにドキュメンタリー分野では、北九州地区の局としての地域特性をいかした秀作を多数制作し、芸術祭賞、日本民間放送連盟賞、放送批評懇談会のギャラクシー賞など各種番組コンクール受賞に輝いている。ラジオは東京放送系のJRNに加盟。資本金5億6000万円(1998)。[伊豫田康弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アール・ケー・ビー毎日放送の関連キーワード朝日放送関西テレビ放送毎日放送讀賣テレビ放送アール・ケー・ビー毎日放送[株]山口朝日放送秋田朝日放送九州朝日放送東海ラジオ放送東北放送

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone