アール・ケー・ビー毎日放送(読み)あーるけーびーまいにちほうそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アール・ケー・ビー毎日放送
あーるけーびーまいにちほうそう

九州地区でもっとも歴史の古いラジオ、テレビ兼営の民間放送局。略称RKB。1951年(昭和26)12月、毎日新聞社と福岡地区財界が主体となって「ラジオ九州」として開局、1958年3月にテレビ放送を開始し、8月、西部毎日テレビと合併して現社名となる。テレビは東京放送系のJNNの基幹局として制作を分担。とくにドキュメンタリー分野では、北九州地区の局としての地域特性をいかした秀作を多数制作し、芸術祭賞、日本民間放送連盟賞、放送批評懇談会のギャラクシー賞など各種番組コンクール受賞に輝いている。ラジオは東京放送系のJRN加盟。資本金5億6000万円(1998)。

[伊豫田康弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

アール・ケー・ビー毎日放送

正式社名「アール・ケー・ビー毎日放送株式会社」。略称「RKB毎日放送」。英文社名「RKB MAINICHI BROADCASTING CORPORATION」。情報・通信業。昭和26年(1951)設立本社は福岡市早良区百道浜。民間放送業。全国で4番目、九州初の民間放送局として開局。テレビ・ラジオを兼営する。TBS系列でJNNネットワークに加盟。福岡証券取引所上場。証券コード9407。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android