コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イェロー・ブック The Yellow Book

世界大百科事典 第2版の解説

イェロー・ブック【The Yellow Book】

イギリスの,文学・絵画のための季刊雑誌。1894年4月創刊。大衆に背を向け少数読者を目標とする〈リトル・マガジン〉の典型である。黄色の表紙に黒一色で描くビアズリーの絵が話題を呼んだ。寄稿者にはM.ビアボーム,W.B.イェーツなど,いわゆる世紀末の文学者が多い。文学者も画家もともに世紀末の芸術至上主義をはっきり打ち出し,激しい賛否の論議を呼んだ。97年4月,13号で終刊となった。【小池 滋】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のイェロー・ブックの言及

【ビアボーム】より

…イギリスの随筆家,小説家,風刺画家。オックスフォード大学在学中から《イェロー・ブック》誌上に軽妙痛烈な戯文,風刺画を発表,早熟な才人としてジャーナリズムに迎えられた。1898年にはG.B.ショーのあとをうけて《サタデー・レビュー》紙の劇評を担当した。…

※「イェロー・ブック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android