コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論議/論義 ロンギ

デジタル大辞泉の解説

ろん‐ぎ【論議/論義】

[名](スル)
互いに意見を述べて理非を論じ合うこと。「論議を尽くす」「論議を呼ぶ」「健康法について論議する」
仏語。
㋐教義を明らかにするために問答すること。また、それが形式化された儀式。法会のほか、法楽などのためにも行われる。
十二分経の一。教義の解説や注釈をした書。優婆提舎(うばだいしゃ)。
声明(しょうみょう)の一種。2が形式化され、一定の唱え方が定められたもの。
(ふつう「ロンギ」と書く)能で、地謡(じうたい)もしくはワキツレシテが問答形式で交互に謡い合う部分。また、その謡。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

論議【ろんぎ】

論義

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

論議/論義の関連キーワードカラマーゾフの兄弟問題にならない是非に叶わず富士に立つ影殿上の内論議春秋の争い口火を切るスコラ的孔子家語力学対話狗子仏性火付け役迦旃延哲学的神義論問題化非学者歌論議国民的内論議

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android