コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

論議/論義 ロンギ

デジタル大辞泉の解説

ろん‐ぎ【論議/論義】

[名](スル)
互いに意見を述べて理非を論じ合うこと。「論議を尽くす」「論議を呼ぶ」「健康法について論議する」
仏語。
㋐教義を明らかにするために問答すること。また、それが形式化された儀式。法会のほか、法楽などのためにも行われる。
十二分経の一。教義の解説や注釈をした書。優婆提舎(うばだいしゃ)。
声明(しょうみょう)の一種。2が形式化され、一定の唱え方が定められたもの。
(ふつう「ロンギ」と書く)能で、地謡(じうたい)もしくはワキツレシテが問答形式で交互に謡い合う部分。また、その謡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

論議【ろんぎ】

論義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

論議/論義の関連キーワード問題にならない是非に叶わず殿上の内論議口火を切る春秋の争い力学対話狗子仏性孔子家語スコラ的国対政治大原問答火付け役迦旃延非学者問題化形式化歌論議哲学的内論議健康法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android