論議/論義(読み)ロンギ

デジタル大辞泉の解説

ろん‐ぎ【論議/論義】

[名](スル)
互いに意見を述べて理非を論じ合うこと。「論議を尽くす」「論議を呼ぶ」「健康法について論議する」
仏語。
㋐教義を明らかにするために問答すること。また、それが形式化された儀式。法会のほか、法楽などのためにも行われる。
十二分経の一。教義の解説や注釈をした書。優婆提舎(うばだいしゃ)。
声明(しょうみょう)の一種。2が形式化され、一定の唱え方が定められたもの。
(ふつう「ロンギ」と書く)能で、地謡(じうたい)もしくはワキツレシテが問答形式で交互に謡い合う部分。また、その謡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android