論議(読み)ロンギ

デジタル大辞泉「論議」の解説

ろん‐ぎ【論議/論義】

[名](スル)
互いに意見を述べて理非じ合うこと。「論議を尽くす」「論議を呼ぶ」「健康法について論議する」
仏語。
㋐教義を明らかにするために問答すること。また、それが形式化された儀式。法会のほか、法楽などのためにも行われる。
十二分経の一。教義の解説や注釈をした書。優婆提舎うばだいしゃ
声明しょうみょうの一種。2が形式化され、一定の唱え方が定められたもの。
(ふつう「ロンギ」と書く)能で、地謡じうたいもしくはワキツレシテが問答形式で交互に謡い合う部分。また、その謡。
[類語]論ずる議論言論公論論弁論判談義あげつらう丁丁発止侃侃諤諤囂囂喧喧囂囂喧喧諤諤舌戦口論論戦論争争論激論談論風発甲論乙駁口角泡を飛ばす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「論議」の解説

【論議】ろんぎ

議論。〔荘子、篋〕天下法を殫(つく)し殘(そこな)ひて、始めて與(とも)に論議すべし。

字通「論」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android