イエシェデ(読み)いえしぇで(英語表記)Ye es sde

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イエシェデ
いえしぇで
Ye es sde

生没年不詳。9世紀初頭に活躍したチベットの僧。814年の『翻訳名義大集(みょうぎたいしゅう)』(訳語統一のために作成されたサンスクリット語とチベット語の仏教語彙(ごい)集)編纂(へんさん)に参加し、当時のチベットで行われた国家的仏典翻訳事業の中心的立場にあった。「大校閲翻訳者」という称号をもつ。翻訳者としてかかわった仏典は二百数十点に及ぶが、当時のインド仏教諸学説を紹介した『見差別(けんさべつ)』と題する著作も残している。[木村隆徳]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android