コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソヨコエビ イソヨコエビElasmopus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソヨコエビ
Elasmopus japonicus

軟甲綱端脚目メリタヨコエビ科。体長 1cm内外。岩礁地帯の潮間帯にすむヨコエビ類(→ヨコエビ)の代表種。海藻や石灰藻の根もとに多産する。雄の第2顎脚は強大で,交尾時に雌を押さえるのに使われる。尾節板が小さく,先端に小さなくぼみをもつ 2葉に分けられていることにより近縁種と区別される。(→甲殻類節足動物端脚類軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のイソヨコエビの言及

【ヨコエビ(横蝦)】より

… 海産の代表的なものに次の種類がある。モクズヨコエビHyale grandicornis(体長10~22mm)は一見ハマトビムシに似ているが,日本各地の沿岸の干潮線付近の海藻の間に,トゲメリタヨコエビMelita dentata(20mmくらい)とイソヨコエビElasmopus japonicus(約15mm)などは沿岸の干潮線付近の石の下などにふつうに見られる。ニッポンモバヨコエビAmphithoe lacertosa(5~20mm)は各地の沿岸の藻場にごくふつうに生息しており,コンブネクイムシCeinina japonica(7mmくらい)は北海道沿岸のコンブを食害する。…

※「イソヨコエビ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報