コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア社会学 イタリアしゃかいがくItalian sociology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタリア社会学
イタリアしゃかいがく
Italian sociology

18世紀初頭には人間の発展段階説の G.B.ビコに代表されるような先駆的業績を生み出したにもかかわらず,その後のイタリアでは社会学がアカデミーにおける正当な地位を許されず,一個の独立科学として認められなかったため,他の諸国と比較した場合,相対的立ち遅れは否定できない。しかし,19世紀後半から 20世紀初頭にかけては,現実の社会変動を背景に,他の分野の学者による特殊社会学的業績が生れた。 E.フェルリ,S.シゲーレらの群衆・犯罪研究,V.パレート,G.モスカらのエリート・政治社会学的研究などはその代表例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イタリア社会学の関連キーワードスキラーチェジニ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android