イッポリトフ・イワーノフ(読み)イッポリトフイワーノフ

百科事典マイペディアの解説

イッポリトフ・イワーノフ

ロシアの作曲家。ペテルブルグ音楽院リムスキー・コルサコフに学ぶ。卒業後はジョージアのティフリス(現トビリシ)で音楽学校校長に就任し,かたわらカフカスなど中央アジアの民俗音楽を採譜。のちモスクワ音楽院教授・院長,ボリショイ劇場指揮者などを歴任した。師リムスキー・コルサコフやチャイコフスキーの影響下に素朴な民族主義的作風を終生保ち,有名な《カフカスのスケッチ(コーカサスの風景)》(1894年)などの管弦楽曲のほか,オペラ,室内楽曲を残した。→グリエール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イッポリトフ・イワーノフ
いっぽりとふいわーのふ
Михаил Михайлович Ипполитов‐Иванов Mihail Mihaylovich Ippolitov-Ivanov
(1859―1935)

ロシアの作曲家。ペテルブルグ音楽院に学んだのち、カフカス(コーカサス)のチフリス(現、ジョージアのトビリシ)で音楽学校校長となり、同地の音楽生活を指導するかたわらカフカスの民俗音楽を研究。1893年モスクワ音楽院教授に任命され、1905~1922年には同院長を務め、ボリショイ劇場などの指揮者としても活躍。作風はチャイコフスキーとリムスキー・コルサコフの影響を受け、東洋的な旋律、色彩感が特徴となっている。管弦楽組曲『コーカサスの風景』(1894)が代表作。[益山典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android