採譜(読み)さいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

採譜
さいふ

音楽理論用語。音楽の演奏を聞いて,それを面に書取ること。五線譜に記譜する方法が最も一般的である。すでに記譜された特殊な楽譜を五線譜に直す訳譜とは異なる。採譜は,楽譜化する目的にもよるが,演奏されたとおりを詳細に記す場合と,本来あるべき姿で記譜する場合とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐ふ【採譜】

[名](スル)楽譜に書かれていない曲を楽譜に書き取ること。「各地の民謡を採譜して回る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいふ【採譜】

( 名 ) スル
民謡など口承されてきた歌を楽譜に書きとること。 「土地の古老から-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

採譜の関連情報