採譜(読み)さいふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

採譜
さいふ

音楽理論用語。音楽の演奏を聞いて,それを面に書取ること。五線譜に記譜する方法が最も一般的である。すでに記譜された特殊な楽譜を五線譜に直す訳譜とは異なる。採譜は,楽譜化する目的にもよるが,演奏されたとおりを詳細に記す場合と,本来あるべき姿で記譜する場合とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐ふ【採譜】

[名](スル)楽譜に書かれていない曲を楽譜に書き取ること。「各地の民謡を採譜して回る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さいふ【採譜】

( 名 ) スル
民謡など口承されてきた歌を楽譜に書きとること。 「土地の古老から-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

採譜の関連情報