コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イテリメン語 いてりめんご

1件 の用語解説(イテリメン語の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イテリメン語
いてりめんご
Ительмен Itel'men

ロシア連邦カムチャツカ半島西部のコリヤーク自治管区ティギリ地区に居住するイテリメン人の言語で、旧アジア諸語のチュクチ・カムチャダール語群に属する。自称はイテリメン語だが、カムチャダール語Камчадал/Kamchadalともよばれてきた。ロシア語化が進み、2429人(1989)の人口に対して約100人(1989)ほどがイテリメン語を話すのみである。名詞は生物と無生物に分かれ、生物は7格、無生物は8格に変化する。動詞は目的語を含む対象活用と、これを含まない主体活用に変化する。wat-anke「石へ」、t-antsp-tsen「私が・教える・彼らを」。[小泉 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイテリメン語の言及

【カムチャダール語】より

…ロシア人との接触(17世紀末)以後急速に活力が衰え,消滅した方言もあるが,カムチャツカ半島北西部において約400人の話し手がロシア語の影響を強く受けた方言を保持している。カムチャダールという名称は完全にロシア化した原住民をさすこともあるため,民族の自称によって〈イテリメン語Itel’men〉とも呼ばれる。【宮岡 伯人】。…

※「イテリメン語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone