コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イディオ地向斜 イディオちこうしゃ idiogeosyncline

1件 の用語解説(イディオ地向斜の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

イディオ地向斜

造山運動の後期に,造山帯の内側または内部に生じた地向斜.堆積物の厚い系列で埋められた地向斜で,褶曲がないか非常に弱いものである.この型のイディオ地向斜インドネシアスンダ列島の北方の火山弧にあって,ベンメレン(Van Bemmelen)が1933年に命名した.この地向斜は末期にはスティレ(Stille)やカイ(Kay)による準地向斜(parageosyncline)となる[Umbgrove : 1933, 木村ほか : 1973].そのため真の地向斜と見なさない意見がある[Aubouin : 1965].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イディオ地向斜の関連キーワード秋吉造山運動アルプス造山運動カレドニア造山運動造山帯バリスカン造山運動ヘルシニア造山運動有機堆積物中間盆地造山運動後の相第一造山性

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone