イトカメムシ(糸亀虫)(読み)イトカメムシ

世界大百科事典 第2版の解説

イトカメムシ【イトカメムシ(糸亀虫)】

半翅目イトカメムシ科Berytidaeに属する昆虫の総称,またはそのうちの1種を指す。この科はカメムシ類の中でもとくに触角とあしが糸状で細長く,体も細長い種類が多いのでこの名がある。日本には4種が分布する。いずれも植食性である。イトカメムシYemma exilisは体長6mm。体はきわめて細長く,表面は淡褐色であるが,生時腹面は緑色を帯びる。頭部は小さく,触角は体長より長く,第4節は短く黒色で棍棒状。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android