イトマキケイソウ(糸巻ケイ藻)(読み)イトマキケイソウ(英語表記)Biddulphia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトマキケイソウ(糸巻ケイ藻)
イトマキケイソウ
Biddulphia

ケイ藻類中心ケイ藻類イトマキケイソウ科の1属で種類は多い。印籠 (いんろう) のような形で,横から見たところは長方形,縦から見たところは円形,楕円形,レンズ形または菱形などをしている。殻の上下両端には突起やとげを有するものもある。種によってはその突起で互いにつながって長い鎖状の群体となる。すべて海産,プランクトン生活をしている。この属の B. mobiliensisについては,古くから運動性配偶子を形成することが知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android