コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトマキケイソウ(糸巻ケイ藻) イトマキケイソウBiddulphia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イトマキケイソウ(糸巻ケイ藻)
イトマキケイソウ
Biddulphia

ケイ藻類中心ケイ藻類イトマキケイソウ科の1属で種類は多い。印籠 (いんろう) のような形で,横から見たところは長方形,縦から見たところは円形,楕円形,レンズ形または菱形などをしている。殻の上下両端には突起やとげを有するものもある。種によってはその突起で互いにつながって長い鎖状の群体となる。すべて海産,プランクトン生活をしている。この属の B. mobiliensisについては,古くから運動性配偶子を形成することが知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android