コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌドクサ(犬砥草) イヌドクサEquisetum ramosissimum var. japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌドクサ(犬砥草)
イヌドクサ
Equisetum ramosissimum var. japonicum

トクサ科の常緑性多年草。本州,四国,九州から中国大陸に分布し,日当りのよい草地,河原,海辺の砂地などに生える。は高さ 30~100cm,直径3~5mmの円柱形で,基部または中部から枝を出すこともある。茎の表面は白緑色で,8~15本の溝が縦に走る。胞子嚢穂は長さ1~2cmで柄はなく,主軸の頂に生じる。河原に生えることからカワラドクサとも呼ばれ,イヌドクサの名は「トクサに似て非なる」という意味である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android