イヌドクサ(犬砥草)(読み)イヌドクサ(英語表記)Equisetum ramosissimum var. japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌドクサ(犬砥草)
イヌドクサ
Equisetum ramosissimum var. japonicum

トクサ科の常緑性多年草。本州,四国,九州から中国大陸に分布し,日当りのよい草地,河原,海辺の砂地などに生える。は高さ 30~100cm,直径3~5mmの円柱形で,基部または中部から枝を出すこともある。茎の表面は白緑色で,8~15本の溝が縦に走る。胞子嚢穂は長さ1~2cmで柄はなく,主軸の頂に生じる。河原に生えることからカワラドクサとも呼ばれ,イヌドクサの名は「トクサに似て非なる」という意味である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android