コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トクサ

2件 の用語解説(トクサの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

トクサ

トクサ科の常緑シダ。本州中部以北の湿地にはえる。地下茎から多数出た濃緑色の地上茎は,枝がなく直立し,径約5mm,棒状で,高さ1m内外となり,3〜4cmごとに節がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トクサ
とくさ / 砥草・木賊
common scouring-rushshave-grass
[学]Equisetum hyemale L.

トクサ科の常緑性シダ。茎は円筒形で分枝せず、濃緑色で高さ約1メートルになる。胞子嚢穂(のうすい)を茎の先端につける。山間の谷川沿いにみられることが多く、湿地を好む。中部地方以北と北海道に産し、北へ行くほど一般的になる。中国北部、シベリア、ヨーロッパ、北アメリカなど、北半球の湿地帯に広く分布する。茎には多量の二酸化ケイ素を含むので堅く、木材や金属の研磨に用いる。中国では古くから薬用にされ、11世紀の本草(ほんぞう)書『嘉祐(かゆう)本草』には眼疾、止血などに効くとある。日本でも密蒙花(みつもうか)散、菊花(きくか)散などの漢方薬にトクサが使われる。アメリカのカスケード山地のインディアンは、煎汁(せんじゅう)で髪を洗ってシラミよけとし、地下茎の汁は眼病に効くとしている。近年トクサ類は舌癌(がん)や肝臓癌に有効だという報告もなされている。園芸用に庭に植えることも多い。[栗田子郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トクサの関連キーワードアカハラ岩団扇岩梅小谷渡沢蘭地百足這松白山小桜白山石南花姫鍬形

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トクサの関連情報