イブラーヒーム・ベク(英語表記)Ibrāhīm Beg

世界大百科事典 第2版「イブラーヒーム・ベク」の解説

イブラーヒーム・ベク【Ibrāhīm Beg】

トルコのイスタンブール在住のイラン商人ハーッジュ・ゼイノル・アーベディーンḤājj Zeyn al‐‘Abedīn(1837‐1910)が著したヨーロッパ的な技法にもとづく最初のペルシア語小説《イブラーヒーム・ベクの旅行記》(1909)の主人公の名。著者は主人公をエジプト在住のタブリーズ商人の子と設定し,彼を故国イランに帰らせ国内を旅させるという筋書を立てながら,カージャール朝旧弊な専制体制を批判し,立憲制と愛国心とを鼓舞した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android