イブラーヒーム・ベク(英語表記)Ibrāhīm Beg

世界大百科事典 第2版の解説

イブラーヒーム・ベク【Ibrāhīm Beg】

トルコのイスタンブール在住のイラン商人ハーッジュ・ゼイノル・アーベディーンḤājj Zeyn al‐‘Abedīn(1837‐1910)が著したヨーロッパ的な技法にもとづく最初のペルシア語小説《イブラーヒーム・ベクの旅行記》(1909)の主人公の名。著者は主人公をエジプト在住のタブリーズ商人の子と設定し,彼を故国イランに帰らせ国内を旅させるという筋書を立てながら,カージャール朝の旧弊な専制体制を批判し,立憲制と愛国心とを鼓舞した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android