イブン・ラシード家(読み)イブン・ラシードけ(英語表記)Ibn Rashīd

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ラシード家
イブン・ラシードけ
Ibn Rashīd

アラビア半島ジャバル・シャンマル地方の近代名家。 19世紀中頃,故郷での政争に敗れ,イブン・サウード家に仕え,やがて宿敵アリー家を倒してジャバル・シャンマル地方を回復。 1882年頃から主家と対立して一時期中部アラビアの覇者となったが,1921年ついにイブン・サウード家により滅ぼされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android