コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

回復/恢復 カイフク

デジタル大辞泉の解説

かい‐ふく〔クワイ‐〕【回復/×恢復】

[名](スル)
悪い状態になったものが、もとの状態に戻ること。また、もとの状態に戻すこと。「健康が―する」「ダイヤの乱れが―する」
一度失ったものを取り返すこと。「名誉を―する」「信用―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

回復

リカバリー」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

岩石学辞典の解説

回復

様々な過程で,岩石の変形作用の間に結晶粒転位の数が減少すること[Bates & Jackson : 1980, Barker : 1990].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

回復

 病気が治ること,不利益を戻すこと,失ったものを取り戻すことなど.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

回復
かいふく
recovery

低温で冷間加工した金属材料は,硬さの増大電気伝導度の低下,引張り強さの増大など諸性質が変化している。これを低温で加熱すると次第にもとに戻る。これは加工により内部に導入された欠陥が原子の拡散によって消散していく過程に相当し,回復と呼ばれる。回復の過程としては,まず点欠陥が消滅し,ついで点欠陥と転位との相互作用が進行する。この過程で転位は上昇運動や合体消滅によりエネルギー的に安定な状態へ再配列し,セル構造などが形成され,これは亜結晶粒となる。特に積層欠陥エネルギーの高い金属では,回復過程で転位の再配列が容易に進み材料は軟化する。また,回復は高温ほど著しく,再結晶温度に達すると上記の諸性質は急激に戻る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

回復/恢復の関連キーワードらい予防法による被害者の名誉回復及び追悼の日治る後遺症、治らない後遺症ベアメタルリカバリー信用回復措置請求権ベアメタルリストアリカバリーショットリフレッシュメントリハビリテーションオルソケラトロジー回復パーティションレストレーションリジリエンシーベアメタル復旧ベアメタル復元レジリエンス起動ディスクレコンキスタLASIK日を追って病後保菌者

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android