コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブン・アルファキーフ Ibn al‐Faqīh

1件 の用語解説(イブン・アルファキーフの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イブン・アルファキーフ【Ibn al‐Faqīh】

9世紀末から10世紀初めのイスラム教徒で,地理学者。生没年不詳。ペルシア出身。伝記については何もわかっていない。著作は《諸国記》しか残されず,それも完全なかたちではなく要約されたものである。しかし同書は,当時のイスラム世界全体を扱っており,特にペルシアについての記述が詳しく,貴重な地理的情報だけではなく,9世紀後半の文化のようすなども伝えている点で重要である。後代のマクディシーヤークートも彼から多くの材料を得ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone